2007年5月26日土曜日

ピラヤ







前のブログで紹介致しましたピラヤですが、現在も順調に成長しており実測はしていませんが、たぶん34cmは、超えていると思います。近日中に写真アップします。
 ところでこのピラヤ当方宅では、3代目になります。初代ピラヤは、日本への初入荷後1年と数ヶ月経過後の94年2月に購入(ピラヤの初入荷が、92年11月)12cmで10万でした。その後、120cm水槽でジャイアントイエローと混泳させて5年弱飼育、38cmまでなったある日、熱帯魚屋でテトラオドン.リネアートスをおまけでもらい、入れる水槽が無かったのでピラヤ水槽に入れたところ数時間後の深夜1時頃ピラヤが暴れ始めよく見るとリネアートスの頭と内臓が水面に浮かび、ピラヤは、ひっくり返って痙攣していました。あわてて、水槽に手を入れてピラヤを掴み人口蘇生を試みましたがだめでした。この時はとても落ち込みましたが、さすがTTX(ふぐ毒)強烈なんだなーと認識させられました。
 2代目は、03年10月に25cmで購入サンフランシスコ川下流ものとの事でとても赤色の強い個体でとても気に入っていたのですが、05年梅雨頃パワーフィルターの故障で酸欠死させてしまいました。30cmオーバーでした。
 今度こそは!と一念発起して購入したのが現在飼育中の個体です。現在は順調に飼育中ですが、購入時には、色々ありました。この個体、岐阜のトヨキヤで通販で購入しました。画像とTELで判断してこの個体に決めて発送してもらったのですが着状態が悪く鼻上げの状態(ヘッドアップ)で3日間フラフラ水槽内をただよっていました。その後回復して5日目頃からは捕食も始まったのでホットしましたが一時はどうなることかとも思いました。
 今日の画像は、現在のピラヤの購入時の店の写真と到着後の写真をアップします。